Home > よくあるご質問

コレクト行政書士事務所に関するご質問

Q1. 契約書以外に許認可等の申請も依頼できますか?
A1. 以前は、契約書以外の業務は取扱っておりませんでしたが、現在、コレクト行政書士事務所は、金融ビジネス許認可・コンサルティング専門の行政書士事務所として投資助言・代理業登録申請代行業務、IFA開業支援コンサルティングも取扱っております。一方、その他の許認可につきましては取扱っておりません。

Q2. FP契約書以外の契約書の作成を依頼できますか?
A2. 作成できます。特殊なものでない限り、ビジネスのみならず、民事における契約書も作成することができますので、お気軽にご相談ください。

Q3.業務報酬の算定根拠を教えて下さい。
A3.コレクト行政書士事務所では、1時間あたりの業務報酬を5000円で計算しており、例えば、業務完成までに4時間かかる業務であれば5000円×4時間で20000円(税別)の業務報酬をいただいております。

Q4.問い合わせをする際、電話とお問い合わせフォームからのどちらが良いでしょうか?
A4.お客様のご都合の良い方からお問い合わせいただければと思います。ただ、お客様対応時や外出時には、電話に出ることができませんので、お問い合わせフォームからお問い合わせいただいた方がより確実です。

Q5.値引きには、応じてもらえるのでしょうか?
A5.申し訳ございませんが、値引きのご要望はお受けできません。

Q6.事務所までの道順が入り組んでいて事務所までたどり着く自信がありません。
A6.新宿駅までお客様にご足労いただければ、お迎えにあがります。

Q7.出張相談の依頼はできますか?
A7.東京都と神奈川県内であれば、お客様の会社やご指定の喫茶店等でご相談をお受けすることができます。出張相談を行う場合は、交通費のご負担をお願いしております。

Q8.土日祝日に相談することはできますか?
A8.通常、土日祝日は、当事務所の営業日ではありませんが、お客様がご希望の場合は、土日祝日でもご相談をお受けすることは可能です。

Q9.業務報酬の支払いは、○○ペイなどの電子決済を利用できますか?
A9.ご利用いただけません。業務報酬は、現金でのお支払いをお願いしております。

Q10.リモートでの面談もできますか?
A10.ズームでのリモート面談にも対応しております。

Q11.基本業務、オプション業務、派生業務というのは何ですか?
A11.基本業務と派生業務は、単体でお申込みいただける業務です。オプション業務は、基本業務をお申込みいただく際に同時にお申込みいただくことを想定している業務です。基本業務は、ハンバーガーショップで言えばハンバーガーに該当し、オプション業務は、ポテトに該当するものです。派生業務は、アップルパイ等のデザートに該当します。

投資助言・代理業登録申請代行業務に関するご質問

Q1.投資助言・代理業の登録に必要な一部の書類のみの作成を依頼することはできますか?
A1.一部の書類のみの作成のご依頼もお受けしております。

Q2.業務報酬を支払うタイミングを教えて下さい。
A2.投資助言・代理業への登録と一連の手続きが完了し、お客様の営業が開始できる状態になってから、2週間以内のお支払いをお願いしております。

Q3.投資助言・代理業の登録に関する二回目以降の相談も有料ですか?
A3.ご相談だけなら、二回目以降も無料です。

Q4.投資助言・代理業の新規登録にかかる期間はどれくらいですか?
A4.一概には言えませんが6カ月程度かかります。

Q5.投資助言・代理業以外の金融商品取引業の登録申請代行は依頼できないのですか?
A5.金融商品取引業の申請では、対象とする金融商品取引業のビジネスモデルへの理解が欠かせません。例えば、「投資者との間に投資顧問契約を結び、報酬を得て、金融商品に対する投資判断を専門家の立場から投資者にアドバイスする」投資助言・代理業と「不動産をはじめとする各種の事業を投資対象とする証券化商品の販売業・仲介業である」第二種金融商品取引業とでは、ビジネスモデルが異なるため、申請に必要な知識も異なります。このような理由で、コレクト行政書士事務所では、投資助言・代理業以外の金融商品取引業の登録申請代行のご依頼をお受けしておりません。

IFA開業支援コンサルティングに関するご質問

Q1.金融商品仲介業の登録申請もお願いできるのでしょうか?
A1.金融商品仲介業への登録は、通常、業務委託契約を締結した証券会社等を通して行われますので、当事務所が登録申請においてお客様をお手伝いできることはほとんどないものと考えております。それでも、お客様が金融商品仲介業への登録について、ご不安がある場合は、別途ご相談をお受けします。

Q2.業務報酬を支払うタイミングを教えて下さい。
A2.IFA開業支援コンサルティング開始時に着手金、証券会社等の審査合格時に成功報酬のお支払いをお願いしております。

Q3.業務開始前の事前相談には無料で行っていただけるのでしょうか?
A3.業務開始前の事前相談は無料です。IFA開業支援コンサルティングをお申込みいただき、IFA開業支援コンサルティングを開始するまではお客様に金銭的なご負担をいただくことはございません。

FP契約書作成業務に関するご質問

Q1. 外国法に基づく契約書や外国語によって書かれた契約書の作成はできますか?
A1. コレクト行政書士事務所では、日本法に基づき、日本語によって書かれた契約書のみ作成できます。

Q2. 時間的余裕がないため、今すぐ契約書が欲しいのですが可能ですか?
A2. 契約書の作成には、原則として、5営業日ほどいただいておりますが、お急ぎの場合は、2営業日ほどで契約書データをお客様にお渡しできます。

Q3.契約書の作成を急いでもらった場合、追加料金はかかりますか?
A3.追加料金はいただいておりません。

Q4. 業務報酬を支払うタイミングはいつですか?
A4. 業務完了後にお支払いをお願いします。

Q5.なぜ料金プランが三つあるのですか?
A5.契約書完成後の無料修正プランの有無や修正期間の長さに基づき、お客様の必要性に応じてお選びいただくためです。

Q6.各料金プランのどれを選べばよいのかわかりません。
A6.「何度もやり取りをするのが面倒、できるだけ早く契約書が欲しい」というお客様は、エコノミープランを選択していただき、「契約書完成後の無料修正期間が長い方が安心、クライアントによって契約内容が異なる業務をしている」というお客様は、エグゼクティブプランを選択していただければと思います。

Q7.契約書の作成をお願いすべきか迷っています。
A7.現在、お使いの契約書で困っている点や不安な点がないなら契約書作成をご依頼いただく必要はありません。何か困っている点や不安な点があるなら喜んでお作りします。

Q8.作成した契約書を印刷して送ってもらえますか?
A8.以前は、ご希望のお客様に印刷した契約書をお渡ししていたのですが、持続可能な社会の実現のため、コレクト行政書士事務所でも、紙の使用を削減することといたしました。そのため、印刷した契約書をご希望のお客様にご迷惑をおかけすることとなり心苦しいのですが、印刷した契約書をお客様にお渡しするサービスも廃止することといたしました。

Q9.納品された契約書を自分で編集できますか?
A9.契約書は、Word形式およびPDF形式の二種類を納品いたしますので、お客様がご自身で編集することができます。

Q10.契約書に入れていただきたい文言や条項があるのですが、可能ですか?
A10.法令及び公序良俗に反するものでなければ入れることができます。

Q11.契約書定額修正プランと契約書定期メンテナンスプランは単体では、申し込めないのですか?
A11.両プランは、オプション業務に該当しますので、単体でのお申込みはできません。オプション業務の詳細につきましては、当事務所に関するご質問Q11とA11をご参照ください。

Q12.FP契約書作成業務で作成できる契約書の種類について教えて下さい。
A12.現在、FP契約書作成業務で取扱っている契約書は、ライフプランニング契約書、事業プランニング契約書、相続相談業務契約書、業務提携契約書の4種類になります。この4種類以外の契約書もご希望に応じて作成できますので、お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォーム
PAGETOP