Home > よくあるご質問

当事務所に関するご質問

Q1. 契約書以外に許認可等の申請も依頼できますか?
A1. 当事務所はFP契約書作成に特化した行政書士事務所ですので、許認可等の申請業務は取り扱っておりません。

Q2. FP契約書以外の契約書の作成を依頼できますか?
A2. 作成できます。お気軽にご相談ください。

Q3.業務報酬の算定根拠を教えて下さい。
A3.当事務所では、1時間あたりの業務報酬を5000円で計算しており、例えば、業務完成までに4時間かかる業務であれば5000円×4時間で20000円(税別)の業務報酬をいただいております。

FP契約書作成業務に関するご質問

Q1. 外国法に基づく契約書や外国語によって書かれた契約書の作成はできますか?
A1. 当事務所では、日本法に基づき、日本語によって書かれた契約書のみ作成できます。

Q2. 時間的余裕がないため、今すぐ契約書が欲しいのですが可能ですか?
A2. 契約書の作成には、原則として、5営業日ほどいただいておりますが、お急ぎの場合は、2営業日ほどで契約書データをお客様にお渡しできます。

Q3. 料金を支払うタイミングはいつですか?
A3. 業務完了後にお支払いをお願いします。

Q4.なぜ料金プランが三つあるのですか?
A4.契約書完成後の無料修正プランの有無や修正期間の長さに基づき、お客様の必要性に応じてお選びいただくためです。

Q5.各料金プランのどれを選べばよいのかわかりません。
A5.「何度もやり取りをするのが面倒、できるだけ早く契約書が欲しい」というお客様は、エコノミープランを選択していただき、「契約書完成後の無料修正期間が長い方が安心、クライアントによって契約内容が異なる業務をしている」というお客様は、エグゼクティブプランを選択していただければと思います。

Q6.契約書の作成をお願いすべきか迷っています。
A6.現在、お使いの契約書で困っている点や不安な点がないなら契約書作成をご依頼いただく必要はありません。何か困っている点や不安な点があるなら喜んでお作りします。

Q7.作成した契約書を印刷して送ってもらえますか?
A7.以前は、契約書を印刷してお送りすることは、していなかったのですが、印刷して送ってほしいというお客様もいらっしゃいましたので、契約締結時に印刷して送ってほしい旨を申し出ていただいたお客様につきましては、10セット分の契約書を印刷して当事務所の負担にて郵送でお送りしております。

お問い合わせフォーム
PAGETOP