Home > FP契約書作成業務

あなたにとって安心してビジネスに使える契約書の条件は何だと思いますか?

約書を用意しようと考えた時、あなたは「どのような条項や規定をすればいいのだろうか?」、「市販の契約書や無料でネットにアップロードされている契約書でも大丈夫?」、「行政書士や弁護士といった専門家に頼めば安心だろうけど、誰に頼めばいいのだろう」と頭の中で自問自答をすることはありませんか?
 こうした自問自答をし、何があなたにとって大切なのかを突き詰めて考えた時、「条項や規定の仕方」、「市販の契約書や無料でアップロードされている契約書を使ってもいいのか」、「誰に頼んで作ってもらうか」は些末な問題であり、用意する契約書があなたにとって安心してビジネスに使える契約書であることが何よりも重要ではないでしょうか?

 ここで、あなたにとって安心してビジネスに使える契約書の条件は何だと思いますか?という本文のタイトルの問いに戻るわけですが、この問いの答えは、『あなたのビジネスの実態に即した契約書を用意する』というシンプルなものです。
 「捻りがない!」、「もっと気の利いた答えを用意しろ!」というお叱りの声が聞こえた気もしますが、真理とはいつもシンプルなものなのです(汗)。

 冗談はさておき、『あなたのビジネスの実態に即した契約書を用意する』ことはとても重要です。なぜなら、契約書から生じるクライアントとの法的なトラブルは、あなたのビジネスの実態に即していない契約書から生じているからです。
 考えてもみてください。あなたはご自身が提供するサービスについて熟知されているでしょうが、ほとんどのクライアントはあなたがどのようなサービスを提供してくれるのかうっすらとしか理解していない、場合によっては全く理解していないのです。
 このことは、あなたが行政書士に業務を依頼しようと考えた時、完全に提供されるサービス内容を把握することが困難であることを考えれば容易に想像できるでしょう。行政書士というのは、数千から数万の業務を取り扱うことができますので、行政書士である私も他の行政書士が取り扱っている業務を理解できないことがたまにあります。

 クライアントはあなたの提供するサービスを理解していないという前提に立てば、「○○も当然してくれると思っていたのに」、「○○は別料金なの」という不満をクライアントがあなたに持ちトラブルが発生するのは不思議なことではないでしょう。
 特にFPのような不定形な業務(定型業務やクライアントにとって理解しやすい業務もあると思いますが…)では、クライアントが提供されると考えているサービスと実際にFPが提供するサービスとの間に齟齬が発生する可能性は決して低くないと考えられます。
 この齟齬を埋めるためにも『あなたのビジネスの実態に即した契約書を用意する』ことは大切なのですが、加えて、契約書はクライアントからの信用を獲得するツールという側面をも有しています。詳しく知りたい方は、下の記事をご覧ください。

契約書がクライアントからの信用を獲得するツールになる理由

約書をクライアントとの間で締結する理由について尋ねると契約書を作成する専門家に聞いても「クライアントとの間で将来、契約内容を巡る紛争が生じることを防止するために締結する」という答えが返ってくると思います。
 この答えは、もちろん正しいのですが、契約書の役割はこれだけにとどまりません。
 FPの皆様の業務フローの中における契約書の位置付けを考えてみますと契約書は、クライアントに提供するサービスの内容を説明し、クライアントからの信用を獲得するツールとしても位置付けることができます。

 具体的に想定される場面としては、クライアントにクロージング(商談の締結)をかけ契約締結の同意を得る際、契約書をクライアントに提示しつつ、契約内容について説明しながら、こういう内容のサービスを提供し、ここまで実行支援できる等を契約書の内容に基づきながらクライアントに説明していただく場合です。
 通常、クライアントがFPから提供されるサービスについて熟知していることは少ないと想定されます。そのため、クライアントは、口頭で提供されるサービスについて説明されるよりも、契約書を資料として提示されながら、提供されるサービスについて説明される方が内容を理解しやすいと考えられます。
 こうした説明の仕方をすれば、クライアントは、口頭で説明されるだけの場合よりも「丁寧な説明をしてくれる親切な先生だな」と感じFPに信頼感を抱くのではないでしょうか。

 このように契約書は、FPが提供するサービスについてクライアントに説明し、クライアントからの信用を獲得するツールとしての機能も有するのです。

百人百様のFPにこそオーダーメイドの契約書が必要です!

FPの存在がわが国に定着した現在、FPが業務を提供するクライアントは、個人から法人にまで広がり、メインとするクライアントを子育て世代・年金生活者・独身女性・医師・中小企業オーナー等とその属する属性ごとに分け、特定の属性に属するクライアントの課題に特化したサービスを提供するFP事務所・法人も徐々に増加しているようです。
 さらに、こうしたFPビジネスの潮流の帰結として、FPのクライアントへのサービスの提供方法も、提案書の作成による助言とこれを踏まえた実行支援から、セミナーでの情報提供等、多岐にわたるようになり、まさに百人百様の様相を呈しております。

 このような現状を前提としたとき、FPの皆様が使用される契約書もそれぞれのFP事務所・法人のクライアントへの業務提供の実態に即したものである必要があります。
 当事務所は、こうしたFPの実情と実務を踏まえたオーダーメイドのFP契約書をFPの皆様に提供いたします。以下では、当事務所のFP契約書の特徴とFP契約書作成業務について、ご説明いたします。

○FP契約書を作成するメリット
・クライアントとのトラブルからFPの皆様を守ります。
・あなたのビジネスの実態に即した契約書があることでクライアントのFPの皆様への信頼を高めます。
・あなたのビジネスの実態に即した契約書で他のFPに差をつけられます。

○FP契約書作成業務の特徴
・契約書の名称はお客様のご要望に合わせて変更いたします(例:ライフプランニング契約書→家計見直し相談契約書)。
・面談後、原則5営業日以内に契約書データを納品いたします。
・法的な課題はもとより、FPの皆様が不安に感じている課題を解決いたします。
・FPの皆様の提供されているファイナンシャル・プランニングに適した契約書を作成いたします。
・契約の完成図を具体的にイメージする一助となり、FPの皆様のクライアント獲得・維持に貢献できるFP契約書を作成いたします。

まずは契約書無料診断にお申込みください!
※お問い合わせだけでもお気軽にご連絡ください。
※約2分で入力完了
電話番号:03-3202-2041
お問い合わせはこちら

FP契約書作成業務取扱契約書及び作成プラン一覧

FP契約書作成業務取扱契約書
 FP契約書販売業務で取り扱っているのは以下の契約書です。
◇ライフプランニング契約書
 個人のクライアントを対象とする契約書になります。

事業プランニング契約書
 法人のクライアントを対象とする契約書になります。

◇相続相談業務契約書
 相続に関する相談を対象とする契約書になります。

FP契約書作成業務契約書作成プラン
 FP契約書作成業務では、契約書完成後の無料修正オプションの有無や無料修正期間の異なる三種類のFP契約書作成プランをご用意しております。
◇FP契約書作成エコノミープラン
 契約書完成後の修正オプションが付加されない作成プランとなります。

◇FP契約書作成スタンダードプラン
 契約書完成後、60日間の回数無制限の無料修正オプションが付加されたプランとなります。

◇FP契約書作成エグゼクティブプラン
 契約書完成後、180日間の回数無制限の無料修正オプションが付加されたプランとなります。

お得な契約書修正プランもご提供しております!

FP契約書作成プランに付加されている無料修正期間終了後も頻繁に契約書の修正をご希望されるお客様もいらっしゃるでしょう。特にB to Bのビジネスをされている場合は、契約ごとに契約内容が変化し、契約書の修正が必要な場合もあるかと思います。

 そこで、頻繁に契約書の修正が必要なお客様のご要望にお応えすべく、1年契約で月々3300円(税込)にて月5回まで契約書の修正を行う契約書定額修正プランをご用意いたしました。

 通常の契約書修正には、1回あたり5500円(税込)、5回の修正では合計で27500円(税込)の業務報酬をいただきますが、契約書定額修正プランでは、月に5回までの契約書の修正が月々3300円(税込)ですので、27500円3300円24200円となり、通常の契約書修正の場合と比べて24200円もお得になります。

 「契約書の修正を頻繁にする必要がある」、「気軽に契約書の修正を依頼できる環境がほしい」というお客様は是非ご検討ください。

安心の返金保証

をしたくない。買い物をする時、誰もがこう思うことでしょう。かく言う私もその一人です。
 私もこれまで、「その時は必要だと思って購入したものの、後で冷静になって考えてみると購入する必要がなかった」または、「購入時に思い描いていた物と違っていた」ということが何度かあり購入したことを後悔したことがあります。

 そこでFP契約書作成業務では、「必要のない買い物をしてしまった」という悲劇を防止するために、安心してFP契約書作成業務にお申込みいただけるよう当事務所がお客様のリスクを負担し、業務報酬の返金保証をいたします。
 返金保証の内容は以下の通りです。

◇FP契約書作成エコノミープランでは業務報酬額22000円(税込)を契約書完成後14日間返金保証いたします。
◇FP契約書作成スタンダードプランでは業務報酬額33000円(税込)を契約書完成後30日間返金保証いたします。
◇FP契約書作成エグゼクティブプランでは業務報酬額66000円(税込)を契約書完成後60日間返金保証いたします。

※お客様にご負担いただいた銀行振り込み手数料及び交通費は、返金に応じかねますのでご理解ください。

FP契約書作成業務対応可能地域

○直接面談によるヒアリングは、東京都及び神奈川県のみの対応となります。
○東京都及び神奈川県以外のお客様につきましては、ZoomまたはGoogle Meetを用いたビデオ面談形式にてヒアリングを行わせていただきます。

※非対面でのヒアリングをご希望の東京都及び神奈川県のお客様につきましても、ZoomまたはGoogle Meetを用いたビデオ面談をご選択いただけます。

FP契約書作成業務報酬額

下記は基本的なサービスの場合です。実際にはお見積りをご提出いたします。

◇メールでのやり取りは無料
◇面談初回無料(交通費は請求)
◇二回目以降面談報酬:
交通費+5500円(税込)

◇FP契約書作成エコノミープラン:契約書完成後14日間の返金保証
22000円(税込)
◇FP契約書作成スタンダードプラン:契約書完成後60日間の回数無制限の無料修正オプション
契約書完成後30日間の返金保証33000円(税込)
◇FP契約書作成エグゼクティブプラン:契約書完成後180日間の回数無制限の無料修正オプション
契約書完成後60日間の返金保証66000円(税込)
◇各プランに付加された無料修正期間終了後の契約書修正報酬:
5500円(税込)

◇契約書定額修正プラン:月額3300円(税込)

※銀行振り込み手数料はお客様負担
※交通費が発生した場合、別途請求

契約書無料診断からの詳細な流れ

1.当事務所お問合わせフォームにご依頼内容を入力
 ご依頼内容及びお客様情報をご入力いただきます。
      ↓
2.当事務所からの返信
 お問合わせフォームにご入力いただいた内容を基にメールにて、当事務所からお客様への返信をいたします。(※携帯からのお問合せの場合、当事務所からのメールがブロックされる可能性がございますので、ブロック機能の解除をお願いいたします)。
      ↓
3.お客様が現在お使いの契約書データの取得
 お客様に現在お使いの契約書データをメールに添付して当事務所宛てに送信していただきます(郵送でも可能。郵送の場合の郵送費は、お客様負担にてお願いいたします)。
      ↓
4.現在お使いの契約書無料診断・お客様との面談
 お客様にご提出いただいた契約書データを基に分析を行い分析結果をA4用紙一枚のレポートにまとめてお客様にお渡しいたします。
 上述のレポートを基にお客様との面談を行い、お客様の現在お使いの契約書に対するする不安や不満をお聴きします。
      ↓
5.契約書無料診断後の流れ
 契約書無料診断後、お客様の現在お使いの契約書に対する不安や不満が解消された場合、本業務は、終了となります。
 もし、不安や不満が解消されず、当事務所にFP契約書作成業務をご依頼いただける場合は、当事務所からの企画・お見積りをご提案いたします。当該企画・お見積りにご納得いただけましたら、再度面談を行い(面談を行わず、メールや電話でのやり取りも可能です)お客様のご要望をお聞きしながら、作成する契約書の内容をより具体化してまいります(当該面談費用については無料ですが、交通費のみ請求いたします)。
 続いて、面談時に当事務所所定の契約書にお客様の署名押印をいただきます。遠方のお客様や面談の時間がとれないご多忙のお客様につきましては、当事務所所定の契約書をメールに添付いたしますので、お客様に署名押印していただき、当事務所にメール送信または当事務所に郵送(※郵送手数料はお客様負担とさせていただきます)をお願いいたします。お客様の契約書への署名押印を確認後、お客様に業務開始の連絡をいたします。
      ↓
6.業務開始
 契約書原案を作成後、メールに契約書データ(Word形式及びPDF形式)を添付し、お客様にお送りいたします。
      ↓
7.原案修正作業
 お客様にお送りした原案にご納得いただけた場合、本業務は終了とさせていただきますが、お客様が原案の修正をご希望の場合、最初の原案送付後、各プランの無料修正期間内であれば回数無制限で原案の修正を行います(無料修正期間の付加されないFP契約書作成エコノミープランは除きます)。
      ↓
8.完成
 原案の修正が完了した時点で本業務は終了とさせていただきます(※原案の修正作業中にお客様からの連絡がこちらがメールをお送りしてから7日以上途絶えた場合、お送りした原案の修正にご納得いただけたものと判断し、業務を終了させていただきます)。
完成した契約書は、特に印刷した物をご希望のお客様以外には、当事務所では印刷してお送りしておりません(※印刷した契約書をご希望のお客様には、印刷した10セット分の契約書を当事務所の負担にてお客様に郵送いたします)。当事務所がメールに添付したデータをお客様ご自身で印刷してご使用いただきますようお願いいたします。印刷した契約書が必要なお客様は、契約締結時にその旨をお伝えください
      ↓
9.業務報酬のお支払い
 当社指定口座に業務報酬をお振込みいただきます(※振り込み手数料はお客様負担とさせていただきます)。
      ↓
10.業務終了後
 領収書と契約書のコピーを当事務所の代金負担でお客様に郵送いたします。
お問い合わせフォーム
PAGETOP