Home > FP契約書作成業務

FP契約書作成業務

○百人百様のFP業務にこそオーダーメイドの契約書が必要です
 FPの存在がわが国に定着した現在、FPが業務を提供するクライアントは、個人から法人にまで広がり、メインとするクライアントを子育て世代・年金生活者・独身女性・医師・中小企業オーナー等とその属する属性ごとに分け、特定の属性に属するクライアントの課題に特化したサービスを提供するFP事務所・法人も徐々に増加しているようです。
 さらに、こうしたFPビジネスの潮流の帰結として、FPのクライアントへのサービスの提供方法も、提案書の作成による助言とこれを踏まえた実行支援から、セミナーでの情報提供等、多岐にわたるようになり、まさに百人百様の様相を呈しております。
 このような現状を前提としたとき、FPの皆様が使用される契約書もそれぞれのFP事務所・法人のクライアントへの業務提供の実態に即したものである必要があります。
 当事務所は、こうしたFPの実情と実務を踏まえたオーダーメイドのFP契約書をFPの皆様に提供いたします。以下では、当事務所のFP契約書の特徴とFP契約書作成業務について、ご説明いたします。

○FP契約書を作成するメリット
・お客様とのトラブルからFPの皆様を守ります。
・契約書があることでお客様のFPの皆様への信頼を高めます。
・契約書で他のFPに差をつけられます。

○FP契約書作成業務の特徴
・契約書の名称はお客様のご要望に合わせて変更いたします(例:ライフプランニング契約書→家計見直し相談契約書)。
・面談後、原則5営業日以内に契約書データを納品いたします。
・法的な課題はもとより、FPの皆様が不安に感じている課題を解決いたします。
・FPの皆様の提供されているファイナンシャル・プランニングに適した契約書を作成いたします。
・契約の完成図を具体的にイメージする一助となり、FPの皆様のクライアント獲得・維持に貢献できるFP契約書を作成いたします。

○契約書作成後のアフターサービス
・業務終了後、30日以内は無料にて契約書の修正を行います。
・業務終了後、30日経過後は修正費用金5500円(税込み)を頂戴いたします。

※お問い合わせだけでもお気軽にご連絡ください。
※約2分で入力完了
電話番号:03-3202-2041
お問い合わせはこちら

FP契約書の役割

○契約書の役割は紛争防止のためだけ?
 契約書をクライアントとの間で締結する理由について尋ねると契約書を作成する専門家に聞いても「クライアントとの間で将来紛争が生じることを防止するために締結する」という答えが返ってくると思います。
 この答えは、もちろん正しいのですが、契約書の役割はこれだけにとどまりません。
 FPの皆様の業務フローの中における契約書の位置付けを考えてみますと契約書は、クライアントに提供するサービスの内容を説明するツールとして位置付けることができます。

○説明ツールとしての契約書の活用方法
 具体的に想定される場面としては、クライアントにクロージング(商談の締結)をかけ契約締結の同意を得る際、契約書をクライアントに提示しつつ、契約内容について説明しながら、こういう内容のサービスを提供し、ここまで実行支援できる等を契約書の内容に基づきながらクライアントに説明していただく場合です。
 通常、クライアントがFPから提供されるサービスについて熟知していることは少ないと想定されます。そのため、クライアントは、口頭で提供されるサービスについて説明されるよりも、契約書を資料として提示されながら、提供されるサービスについて説明される方が内容を理解しやすいと考えられます。
 こうした説明の仕方をすれば、クライアントは、口頭で説明されるだけの場合よりも「丁寧な説明をしてくれる親切な先生だな」と感じFPに信頼感を抱くのではないでしょうか。
 このように契約書は、FPが提供するサービスについてクライアントに説明するツールとしての機能も有するのです。

FP契約書作成業務取扱契約書及び作成プラン一覧

○FP契約書作成業務取扱契約書
 FP契約書販売業務で取り扱っているのは以下の契約書です。
◇ライフプランニング契約書
 個人のクライアントを対象とする契約書になります。

事業プランニング契約書
 法人のクライアントを対象とする契約書になります。

◇相続相談業務契約書
 相続に関する相談を対象とする契約書になります。

○FP契約書作成業務契約書作成プラン
 FP契約書作成業務では、契約書完成後の無料修正オプションの有無や無料修正期間の異なる三種類のFP契約書作成プランをご用意しております。
◇FP契約書作成エコノミープラン
 契約書完成後の修正オプションが付加されない作成プランとなります。

◇FP契約書作成スタンダードプラン
 契約書完成後、60日間の回数無制限の無料修正オプションが付加されたプランとなります。

◇FP契約書作成エグゼクティブプラン
 契約書完成後、180日間の回数無制限の無料修正オプションが付加されたプランとなります。

FP契約書作成業務対応可能地域

○直接面談によるヒアリングは、東京都及び神奈川県のみの対応となります。
○東京都及び神奈川県以外のお客様につきましては、ZoomまたはGoogle Meetを用いたビデオ面談形式にてヒアリングを行わせていただきます。
※非対面でのヒアリングをご希望の東京都及び神奈川県のお客様につきましても、ZoomまたはGoogle Meetを用いたビデオ面談をご選択いただけます。

FP契約書作成業務報酬額

下記は基本的なサービスの場合です。実際にはお見積りをご提出いたします。

・メールでのやり取りは無料
・面談初回無料(交通費は請求)
・二回目以降面談報酬:
交通費+5500円(税込)
・FP契約書作成エコノミープラン:
22000円(税込)
・FP契約書作成スタンダードプラン:
33000円(税込)
・FP契約書作成エグゼクティブプラン:
66000円(税込)
・各プランに付加された無料修正期間終了後の契約書修正報酬:
5500円(税込)
※銀行振り込み手数料はお客様負担
※交通費が発生した場合、別途請求

FP契約書作成業務の詳細な流れ

1.当事務所お問合わせフォームにご依頼内容を入力
 ご依頼内容及びお客様情報をご入力いただきます。
      ↓
2.企画提案・お見積りご提出
 お問合わせフォームにご入力いただいた内容を基にメールにて、企画・お見積りを提出します(※携帯からのお問合せの場合、当事務所からのメールがブロックされる可能性がございますので、ブロック機能の解除をお願いいたします)。
      ↓
3.面談・ご契約
 当事務所からの企画・お見積りをご確認の上、ご納得いただけましたら、一度お客様と面談を行いお客様のご要望をお聞きしながら、作成する契約書の内容をより具体化してまいります(初回面談費用については無料ですが、交通費のみ請求いたします)。
 続いて、面談時に当事務所所定の契約書にお客様の署名押印をいただきます。遠方のお客様や面談の時間がとれないご多忙のお客様につきましては、当事務所所定の契約書をメールに添付いたしますので、お客様に署名押印していただき、当事務所にメール送信または当事務所に郵送(※郵送手数料はお客様負担とさせていただきます)をお願いいたします。お客様の契約書への署名押印を確認後、指定口座に料金をお振込みいただき(※振り込み手数料はお客様負担とさせていただきます)、お振込みを確認させていただき次第、お客様に業務開始の連絡をいたします。
      ↓
4.業務開始
 契約書原案を作成後、メールに契約書データ(Word形式及びPDF形式)を添付し、お客様にお送りいたします。
      ↓
5.原案修正作業
 お客様にお送りした原案にご納得いただけた場合、本業務は終了とさせていただきますが、お客様が原案の修正をご希望の場合、最初の原案送付後、30日以内は回数無制限で原案の修正を行います。
      ↓
6.完成
 原案の修正が完了した時点で本業務は終了とさせていただきます(※原案の修正作業中にお客様からの連絡がこちらがメールをお送りしてから7日以上途絶えた場合、お送りした原案の修正にご納得いただけたものと判断し、業務を終了させていただきます)。
完成した契約書は、当事務所では印刷してお客様にお送りしておりません。当事務所がメールに添付したデータをお客様ご自身で印刷してご使用いただきますようお願いいたします。
      ↓
7.業務終了後
 領収書と契約書のコピーを当事務所の代金負担でお客様に郵送いたします。
お問い合わせフォーム
PAGETOP